VISIBLE (72)


今井 聖






アネモネの花芯の白や犬の忌日

元寇より進まぬ授業青葉風

山法師は田中正造の鬚の白

フライング泳者最後に戻り来る

万緑や棚も梯子も醤油の香

点呼の末尾夏蝶となりゆけり

スリップ痕囲む白線夏燕

アイス捨てファウルボールを捕りたるよ

校舎とも病舎とも見え燕来る

青大将アースのごとく地に垂れて

夏座蒲団死者の翼のごとくあり

冷蔵庫ボディーブローのやうに閉づ

冷蔵庫明るさだけを知つてゐる

植田診る膝ついて指差し入れて

鳥籠のやうなケバブ屋夏の月

バーコード探す西瓜を回しつつ

仏間にてビーチパラソル開きみる

青田中友の母ゐて我が名呼ぶ






(角川『俳句』七月号発表の句と一部重複)



| ■ VISIBLE(主宰の作品)

«  | ホーム |  »