■街の一句 2013.9.1


銀河見上ぐたんたんたたと不整脈   鷲巣正徳


自分の不整脈を詠った。

不整脈は不安な肉体現象だが、

こう書かれるとその打ち方が楽しそうなリズムにも思える。

不安を打ち消して悠揚として自己を客観視する。

そういう精神内容ともとれる。

           今井聖


      これまでの「未来区鳥瞰」選評より

| ■ 街の一句

«  | ホーム |  »