■街の一句 2013.3.10


春寒し電子ブックに方丈記    鈴木比呂子


方丈記を電子ブックで読む時代が来た。

そもそも印刷された活字を「本」で読むということが

歴史的な大発明であった。

印刷があらゆる分野の改革の基点になった。

「本」が数千年ぶりにその座を明け渡そうとしている。

こんな時代によくぞ立ち会えたという思いも湧く。

              今井聖

       

                       (これまでの「未来区鳥瞰」選評より)

| ■ 街の一句

«  | ホーム |  »