■街の一句 2012.12.23


風邪に臥せばキッチン夫の口笛す   岡田とく子


風邪で床に臥している。

夫が代って厨事をしている。

体が辛いし、夫に申し訳ないと思っているのに

夫は口笛を吹いている。

夫は食事をつくるのがなんとなく楽しいのだ。

妻はその口笛を複雑な思いで聴いている。ユーモアもある。

                 (今井聖)

                   
 (これまでの「未来区鳥瞰選評」より)

| ■ 街の一句

«  | ホーム |  »