■街の一句

海紅くして朝顔のしぼみけり    山下つばさ


「しぼみけり」で句が終るからここがこの句の核。

テーマは何か苦々しさのようなものになる。

海の紅は赤潮か朝焼か。

ここには何か倦怠感のような気分がある。

この作者の今回のどの句にもそういう気分が見える。

                     (今井 聖)


              2012.8.19(これまでの「未来区鳥瞰」選評より)

| ■ 街の一句

«  | ホーム |  »