VISIBLE (68)


今井 聖






犬の尿待つ間の北極星の位置

蟋蟀の闇にマグマの気泡立つ

夕顔に絡まつてゐる疑似餌かな

合点承知の助と蟷螂引き返す

万年青の実囲む三人で二百歳

秋の蜂伽藍の如き巣に戻る

秋の溶岩二足歩行の我等ゆく

長き長き合戦絵巻秋日差す

虫籠の中に雨音雨止んで

月光に和す虫籠と薬箱

虫籠を吊つて海より低く寝る

体操を終へて虫籠へと戻る

天高し大道芸まづ靴を脱ぎ

刈田より戻りて机上灯しけり

きちきちばつた後ろ歩きの人の後ろ



| ■ VISIBLE(主宰の作品)

«  | ホーム |  »