先鋒四十七士 今井 聖 撰

                               2015.6.1(「街」113号 解放区・自由区・未来区より 順不同)

 

ちちたちの青面金剛菜種梅雨          寺田達雄

如月の肺腑を包む病衣かな          長岡悦子

猫の恋巨大スクリュー影を生み        松野苑子

褐色の男のポニーテール春潮        紅葉栄子

開けてある窓が気になる春の地震     森島裕雄

口の横に眼のある海豚あたたかし     森山いほこ

51の錆を流せり花の雨             池田義弘

どの家も山茱萸咲かせ関ヶ原         池本光子

水筒はいらんよいたどりがあるで       伊藤容子

しやぼん玉祈つて歌つて無信仰       上田喜美子

 

仲買がキャベツ畑を廻りをり             梅元あき子

熊笹に地図のやうなるなごり雪           後藤恵子

何の罰で鷺になりしかうららけし          玉田憲子

寝足りても雛人形店まで遠し            秦 鈴絵

軍馬飼料の草刈りし手よ皺の手よ       半澤登喜恵

飯蛸のきよとんと皿の真中に           坂東文枝

エプロンのポケットに春透きにけり        廣野順子

紙風船顎突き出し撞き返す            藤崎幸恵

山折りに折ればスプーン春の風邪      古川佳子

春嶺のあの沢燈りし若かりし            三井澄子

 

春光のトルコの空の気球百            南 葉月

翻る羊の涎春の昼                    箭内 忍

五千歩の膕熱し初桜                 浅野糸江

余市から来て柔かき嫁の雛            有馬ルイ

陽炎へる大道芸の椅子の塔            石川暘子

啓蟄の循環バスの右回り              井上郁代

ジョギングの姿の埴輪めく遅日          大西龍一

整骨院多き墨田区辛夷咲く            尾上恵子

朱鷺の恋とほく見守る島のどか          小黒 正

春風に押され除籍の謄本を            加藤冬人

 

春の夜のユニセフコマーシャルの子ども 金丸和代

菓子缶の中通帳と桜貝                川島謙一

三月の東京へゆく膝頭                河野けいこ

猫交るつまらなさうに耳垂れて          北大路翼

二千年前勿忘草をくれた人            草野早苗

スクランブルエッグが二日大試験        栗林 浩

よく晴れてボタン穴まで芽吹きさう        興梠 隆

花白く人体黒く動きをり                小久保佳世子

春大根の尻尾みぬ糠床で          小峰八重子

冬銀河パーマかけよと言ひて逝く       斎藤悦子

 

桃の花行つたきりの手紙のこと         高勢祥子

チューリップ持つて怒つてゐる写真       竹内宗一郎

春一番カスタムカーで来る男            田中 圭

継ぐ者の無き桃の木を剪定す          富田はなえ

水銀の玉の共食ひ春愁               中江智子

衣擦れの音の幽し雛の段             中村ノブコ

キリストと子猫卒塔婆ジャズバーに       西澤みず季


| ■ HOME

«  | ホーム |  »