主宰からのメッセージ

今井聖3
 

初めまして今井聖です。

平成八年に俳句誌「街」を創刊して仲間と楽しく厳しく活動しています。

僕は加藤楸邨という師に俳句を教わりました。
楸邨は「俳句の中に人間を生かす」という理念のもとに、
金子兜太、森澄雄、古澤太穂、田川飛旅子、
和知喜八などの優れた俳人を育てました。

楸邨から教わったことの中で、
僕自身がもっとも大切に思うことは、
ものや事柄から直接受け取る息吹や感動を表現すること。

知識を述べたり、風流を気取ったり、
機智や滑稽でオチをつけたりすることよりも、
眼で見、肌で感じたことをそのまま俳句にすること。
一番単純そうに見えて、
実は難しいことかもしれませんが。

俳句の垢のついていない初心の人こそ、
その目標への近道にいるというべきです。
俳句の垢に染まってしまった人は、垢を落すアカスリの秘訣を教えましょう。

「街」の句会に一度ぶらりと来てみませんか。

                           
「街」主宰 今井 聖


UPHOME








テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

| ■ 主宰からのメッセージ

«  | ホーム |  »